« 2009年3月 | トップページ

2011年1月

2011年1月11日 (火)

Ubuntu 10.10(Maverick) intel i8xx フリーズ問題

結論から言うと、私の環境で現段階ではOS付属のintelドライバでcompizが動いています。
事前に調べた中ではPPAの成功事例しかなかったので驚きですが、成功事例の一つとして記録を残しておきます。

私が行った手順は下記URLの「インテルドライバの手動有効化」です。

Ubuntu Tips/ハードウェア/Maverickにおけるi8xx系グラフィックチップの対応状況

https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/Maverick8xxStatus

環境は以下のとおり
富士通 LOOX T70E(Web Shop Model)
CPU         : Pentium M(1.0GHz)
Chipset/GPU : intel 855GM
メモリ      : 1 GByte

まず、日本語Ubuntuのサイトから、日本語ローカライズ版のCDイメージをダウンロードしてCDに焼き、CD-ROMからクリーンインストール。
 ↓
インターネットの接続設定してから、[システム]→[システム管理]→[アップデートマネージャー]とたどり、すべてパッケージを最新にします。
 ↓
/etc/X11/xorg.conf(はじめはありません) に以下の内容を記述。(上記ページのとおりです。)

Section "Device"
        Identifier      "Configured Video Device"
        Driver          "intel"
EndSection

Section "Monitor"
        Identifier      "Configured Monitor"
EndSection

Section "Screen"
        Identifier      "Default Screen"
        Monitor         "Configured Monitor"
        Device          "Configured Video Device"
EndSection

 ↓
再起動後、もしくはXrestart後は、Compizが動いてます。
Synaptics等から、compizconfig-setting-managerをインストールして、設定すればCompizを堪能できます。

当初、バグがあるということで、PPA改善ドライバを導入しようとしたのですが、dkms 855gm-fix-dkmsというパッケージがないといわれ、導入出来ませんでした。
PPAの当該ページを追うと855gm-fixと855gm-fix-expはありますが、上記パッケージはありませんし、上記はLucid(10.04)用のようです。
カーネルモジュールと言うことなので、PPAの試行で動かなかったのは、これ故かもしれません。

面白かったのは、9.10でうまく動かなかった、Cairo-dockのOpenGL版が動いたことです。
安定しないので非OpenGL版を使ってますが…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ