« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月17日 (水)

WIN2K難民のセキュリティソフト選び

テストしたのは下記の2つ。

・ESET SMART SECURITY
・F-Secure インターネットセキュリティ 2009

一番初めに試したのはESET、これが、散発的にDNSが引けなくなるという致命的なポカをする。

詳細モード→[設定]→[パーソナルファイヤーウォール]→[パーソナルファイヤーウォールの詳細設定]→[IDSと詳細オプション]の中の[DNSポイズニング攻撃を検出]のチェックボックスを切れば解決するのだが…。
デフォルト設定で、いきなりこのトラブルはダメだろう…。(^_^;

次に行く。
F-Secureは動作は重いものの、検出率やガードがしっかりしてるとのことだったので、期待満載というか、これで行くつもりだった…。
しかし、完全チェックをかけるとある特定ファイル(DirectXのローカルインストール用圧縮ファイル)でフリーズ。
一応動いてるようだが、一つのファイルで一晩かけてもチェックが終わらない。
で、最終的にリセットボタンしか受け付けない…。(T△T;)

論外…。
期待が大きかっただけに失望も…。

チェック出来ないファイルがあるのは、どうにもならない。

結局、設定で問題を回避出来る、ESETにすることにしました…。orz

仕方なく選びましたが、検出率比較サイトや雑誌等の評価があまりよろしくありません。
ルーターを経由して使用しているので、選びましたが、些か不安もあります。
あまりお勧めは出来ないかもしれませんが、今後に期待します。

F-Secureは来年には治ってると良いなぁ。

ちなみにキングソフト、AVG、ZoneAlarm、ウィルスセキュリティゼロ、マカフィーなんかも、まだ2K対応しているよーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »