« Subversion | トップページ | はじめようRuby on Rails(初版)をRails2.xでやってみる STEP-2(5章) »

2008年2月25日 (月)

はじめようRuby on Rails(初版)をRails2.xでやってみる STEP-1(4章)

※ railsはinstallする時にversionを指定できますので(gem install rails --version [VERSION NO]等)、それに従ったほうが学習は捗るかと思います。(本にはversionを指定するように書いてあります。)

環境
DB   : mysql 5.0
ruby : ruby-1.86
gem : ruby18-gems-1.0.1
rails : 2.0.2

1. Databaseの用意

mysqlを特にoptionをつけずにinstallしているので、"character set utf8"をoptionを付けてDatabaseを作成。(development、test、production用をそれぞれ作成)

ex).
> mysql -u root mysql -p
mysql> create database scheduler_development character set utf8;
mysql> grant all privileges on scheduler_development.* to 'rails'@'localhost' identified by 'PASSWORD';

2. Projectの作成

(Rails2.xから標準データベースがSQLite3に変わったので、database optionにmysqlを指定)

> rails scheduler --database=mysql
/usr/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/rubygems.rb:379:in `report_activate_error': Could not find RubyGem activeresource (= 2.0.2) (Gem::LoadError)

いきなりエラー…。
gemのactiveresourceVersionがあわないらしい。

# gem install activeresource
Successfully installed activeresource-2.0.2
1 gem installed
Installing ri documentation for activeresource-2.0.2...
Installing RDoc documentation for activeresource-2.0.2...

> rails scheduler_r2 --database=mysql

今度は問題なし
Project作成に使ったDirectoryの下にProject名のDirectoryが出来て、そこがRAILSROOTになる。

Databaseのアクセス設定

> vi [RAILSROOT]/config/database.yml

user、password以外は、変更なし。
encodingまで、utf8が既に入ってる。

本では、[RAILSROOT]/config/environment.rbに、$KCODEの設定するよう書いてあるが、私の環境では、特に足さなくても問題はなかった。

参考文献 : はじめようRub on Rails 高橋征義 監修 かずひこ、喜多川豪著 ASCII 刊

|

« Subversion | トップページ | はじめようRuby on Rails(初版)をRails2.xでやってみる STEP-2(5章) »

FreeBSD」カテゴリの記事

Rails」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205130/40269360

この記事へのトラックバック一覧です: はじめようRuby on Rails(初版)をRails2.xでやってみる STEP-1(4章):

« Subversion | トップページ | はじめようRuby on Rails(初版)をRails2.xでやってみる STEP-2(5章) »