« APM有効 (ACPI無効) | トップページ | Mysql データディレクトリの変更 »

2007年3月28日 (水)

PS1とpdumpfs (tcshのprompt設定)

煮詰まってる時に、ディレクトリも確認せずにやってしまった。

# rm -rf *

/home以下が吹っ飛びました…。orz(核爆)
rootの怖さを再認識。

友人から、PS1は設定した方がいいよと言われた。
PS1ってなんだっけと思ったら、bashのコマンドプロンプトの設定のようだ。

しかし、私はtcshなんで、
設定を以下のように変更。

~/.cshrc ではなく、/etc/csh.cshrc をいじったのはSystem全体に設定する為。

# vi /etc/csh.cshrc
set prompt = "[%n@%m] %c02 %# "

<prompt設定内容 (tcsh)>

%n user name
%m host name (.以下を省略、省略しない場合は%M)
%c [0]n      (n個のdirを表示、nの前に"0"をつけると<skpdir>が表示される。)
%# prompt (normal user に '>' を、root に '#' を表示)

もうひとつ、教えてもらったpdumpfs
こっちは調べ中…。

|

« APM有効 (ACPI無効) | トップページ | Mysql データディレクトリの変更 »

FreeBSD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205130/14458587

この記事へのトラックバック一覧です: PS1とpdumpfs (tcshのprompt設定):

« APM有効 (ACPI無効) | トップページ | Mysql データディレクトリの変更 »